うつ病を発症したら、すぐに治療を受けて辛い症状から開放されよう。

治す方法とは

うつ病の変遷について

うつ病は、かなり昔からあったと考えられます。ある説ではうつになることで行動を抑制し、生き延びるという説もあり、必ずしも悪い状況とばかりともいえません。ストレスを休養によって発散させる意味もあります。多くの場合はストレスによって脳に炎症がおこり、それが神経伝達物質を破壊することが、やっと最近明らかになりつつあります。治療はほとんどの場合、薬物治療を行います。最近の抗うつ薬の進歩によって、ほとんどのうつは、寛かいの状態にまで回復するようになってきています。意外に思われるかもしれませんが、薬による治療だけでは不十分で、運動、特に歩くことを継続したり、肩周りをほぐす運動をすることによって、かなりのうつ状態が治療できます。

今後の治療の展開について

うつ病は個人個人で治療方針や、薬がかなり違います。一度の治療で回復することはあまりなく、神経症によるうつは回復させるのに多大な時間がかかります。器質的な治療法は、医師の指導のもとに抗うつ薬を一カ月から三カ月ぐらいを目安に処方通りにのみ、回復があまり見られない場合は患者の特徴や、薬の特性に合ったものを試します。最近は薬の種類や、効果がかなりバラエティーに富んでいるので、治療の選択肢はかなり増えました。 そのためいろいろな薬を試してみて、根気よく自分の治療に合った薬を見つけるように努力することが大切です。 それに加え大切なのが運動です。運動は簡単なもの、体操でも効果があります。特に肩を回す運動を毎日続けるとかなり効果があります。それに加えあまりくよくよせずに明るいことを考えて生活することが大切です。家族や友人、ペットなどとの交流は体をリラックスさせ緊張を解きほぐすのに効果的です。自分の人生を楽しい方向に考えて実行していくことや、思い切って外に出て散歩すると、30分ぐらいで効果が表れることもあります。薬に頼るだけでなく、物事を前向きに考えて過ごすように心掛けましょう。